ファンデーションの選び方や注意事項

「ファンデーション」とは英語で「基礎」の意味です。メイクの土台となりますが
自分が求める肌を作り上げるにはファンデーションだけを問題にしていてはできません。

使う前のスキンケア、下地、リキッドファンデーションかパウダーかなど
それぞれの相性、また自分にあうかどうかも問題になってきます。

ファンデーションに求める条件はひとそれぞれでしょうが、くすみやシミをカバーし自然な感じの
仕上がりで長時間くずれない、という点では一致しているのではないでしょうか。

まずスキンケアは肌の健康だけでなくファンデーションがうまくのるかのカギになるのでとても
大切です。肌の保水力が足りなくなると皮脂が出やすくなって化粧崩れしやすくなるので、充分に
肌に浸透するものを使い、クリームで保湿する習慣をつけます。

メイク前もしっかりローションをつけて保水しておくと化粧崩れが少なくて済みます。肌が潤った
状態で下地を使うとうまくのります。下地にはさらさらタイプのジェルからこってりタイプのク
リームまでいろいろありますが、ファンデーションと同じメーカーのものがやはり相性がいいようです。

下地がムラになっていると当然うまくのりませんので、肌質に合わせて選びましょう。

リキッドファンデーションかパウダーかは好みもありますが、透明感を出すにはブラシやスポンジ
ではなく手を使い、ファンデーションを中心から徐々に外に広げ顔のふちは薄く伸ばすと自然に
仕上がります。
自分で試してみるのもいいですが、化粧品カウンターで相談してみるのもいいでしょう。

 

ファンデーションランキングであなたに合うファンデーションを探してみるのもいいでしょう。