20代におすすめのスキンケア

20代、特に後半になってくるといわゆる
お肌の曲がり角的な物がやってきます。

前半は徹夜してもメイク落とさないで寝ても
まったく健康な肌だったのに
30代が近くなると急にくすみだしたり
乾燥したりするようになるんですね。

20代後半のスキンケアは
40代の肌を作るのでまだ若いからといって
紫外線を浴びまくるとかNGです。

年上で肌の綺麗な親戚に
スキンケのおすすめは20代ではなにをすればいいのか
聞いてみました。

そしたら
紫外線予防が一番でその次に
肌の保湿だよって。

20代ってアンチエイジングとか
あまりきにしないでよさそうなものだけど
早めに取り組むのがいいらしい。

ということで返ってから
プラセンタの化粧品をポチッとしましたよ。

30代におすすめのスキンケア

30代って女性では重要な年代だと思うんです。

今のスキンケアがそのまま
50代に影響がでるので。

だからしっかりとしてスキンケアが必要だと思うんです。
一番お金もかかる時期だし専業主婦なんかしていると
高いスキンケアは使えないんですけど
やっぱり少し努力は必要ですね。

知り合いで美容部員さんがいるので
スキンケのおすすめで30代でしたほうが良いことって
ありますか?

って聞いたらシミ予防と保湿が大切だといってました。
30代の毛穴の開きは肌の乾燥から来るんですって
なので保湿をしっかりして
肌をふっくらさせれば毛穴も目立たなく成るみたいです。

なるほどやっぱりプロの人は
いうことが違いますね。

そしてちゃんしたケアをしているので肌もすごく綺麗です。

24hファンデーションのことについて

最近若い女性を中心に愛用者が多い24時間ファンデーション。
若い女の子が夜通し遊んでもメイクが落ちないようにというイメージをもたれがちですがそういう女性ばかりではなく、どうしても長時間メイクを落とせないことはけっこう多くの女性にあることです。

例えば、残業で帰れない、長時間のフライトで夜のあいだもメイクを落とせない、仕事のあとに
メイク直しをする間もなく夜の約束がある、など忙しい現代女性にはとにかく長時間化粧崩れがしにくいファンデーションがありがたいのです。

ファンデーションランキングでは30代で上位に入ることが多いのは

忙しい女性に人気なのでうなずけますね。

そこで、長時間メイクをしっぱなしは肌に負担がかかるという常識をくつがえすファンデーション
が必要なのです。24時間ファンデーションは、成分に天然ミネラルを使い、さらに天然保湿成分配合でつけているあいだ中スキンケアができるのです。

いままでは保湿のために化粧水にこだわっていましたがこれからはファンデにもこだわらないと。

成分は商品にもよりますが、マイカ、ホホバ油、アロエベラ葉エキス、ヤシ油、サンゴ、トコフェ
ロール、シリカなどで無添加にこだわって作られています。
長時間のメイクで問題な化粧崩れですが、皮脂をしっかり吸収する成分が入っているので、時間とともに皮脂とパウダーがなじみ絶妙なカバー力を発揮します。

ヨレやくずれが気にならないので化粧直しができないときに重宝します。
メイクを落とさずに眠ってしまうことがあってもこれなら安心の新発想ファンデーションです。

 

ミネラルファンデーションのことについて

最近話題のミネラルファンデーションとは、マイカをはじめとする天然由来の鉱物でつくられた
ファンデーションです。ミネラルファンデーションというとおり鉱物のミネラルが豊富に含まれ、
一般的に防腐剤不使用、オイルフリー等の特徴を持ち、ナチュラル志向や肌への負担が少ないメイクを求める女性に人気のファンデーションです。

ネットではファンデーションランキングでも40代に人気があるようです。

1970年代にアメリカで開発され、自然な仕上がりのメイクが誰でも簡単にできるというので
人気急増中のファンデーションです。
ミネラルファンデーションは今ではたくさんの商品が出ていますが、ベアミネラルファンデー
ションはアメリカ№1の人気で日本でも愛用者がどんどん増えている商品です。

「クルクル・トントン・サッサ」の簡単3ステ:ップで簡単に美肌を作ることができます。
艶感があり、カバー力もよく、60日間の返金保証もあるので安心です。

オンリーミネラルのファンデーションもアメリカ製で高品質ミネラル100%、16色選べる
というのがうれしいポイントです。
つけたまま眠れるというほど肌への負担は少なく、価格的にも手が届きやすいのも人気の理由のようです。

エトヴォスは皮膚科採用で国産のミネラルファンデーションです。防腐剤や香料、ワックス、
着色料などを含まないので、毛穴をふさがず肌に余計なストレスを与えません。

ファンデーションの選び方や注意事項

「ファンデーション」とは英語で「基礎」の意味です。メイクの土台となりますが
自分が求める肌を作り上げるにはファンデーションだけを問題にしていてはできません。

使う前のスキンケア、下地、リキッドファンデーションかパウダーかなど
それぞれの相性、また自分にあうかどうかも問題になってきます。

ファンデーションに求める条件はひとそれぞれでしょうが、くすみやシミをカバーし自然な感じの
仕上がりで長時間くずれない、という点では一致しているのではないでしょうか。

まずスキンケアは肌の健康だけでなくファンデーションがうまくのるかのカギになるのでとても
大切です。肌の保水力が足りなくなると皮脂が出やすくなって化粧崩れしやすくなるので、充分に
肌に浸透するものを使い、クリームで保湿する習慣をつけます。

メイク前もしっかりローションをつけて保水しておくと化粧崩れが少なくて済みます。肌が潤った
状態で下地を使うとうまくのります。下地にはさらさらタイプのジェルからこってりタイプのク
リームまでいろいろありますが、ファンデーションと同じメーカーのものがやはり相性がいいようです。

下地がムラになっていると当然うまくのりませんので、肌質に合わせて選びましょう。

リキッドファンデーションかパウダーかは好みもありますが、透明感を出すにはブラシやスポンジ
ではなく手を使い、ファンデーションを中心から徐々に外に広げ顔のふちは薄く伸ばすと自然に
仕上がります。
自分で試してみるのもいいですが、化粧品カウンターで相談してみるのもいいでしょう。

 

ファンデーションランキングであなたに合うファンデーションを探してみるのもいいでしょう。